栄養を意識する

ドッグフードを選ぶ時は、まず、栄養を意識して商品を選択する事が大切と言えます。
犬にとって大切な栄養素となるのはタンパク質で、人間よりたくさんの必須アミノ酸を摂取する必要があるのです。そうすると、犬にとって大切なのは動物性たんぱく質を中心に、摂取していく事が重要です。
植物性のタンパク質の場合、タンパク質から犬に必要な必須アミノ酸を十分に確保する事ができません。

かといって、ドッグフードの原材料名の部分には、粗タンパク質とだけ記載されており、必須アミノ酸をしっかりまかなえるドッグフードなのかどうかという事を判断しづらいです。そこで知っておきたい知識として、原材料は使用量の多い順番に、記載されている特徴があります。なので、小麦などの原材料が肉より先に書かれている場合には、動物性たんぱく質が少ない心配があります。

中には、肉より穀物が多い方が犬の体のためになるのではないか、と考えられる事もあるでしょう。しかし実際には、犬の体は穀物や炭水化物の消化は得意ではありません。
実際にドッグフードの成分の中には、炭水化物がほとんど含まれておらず、それはつまり犬の体にとって不要な成分とも言えるからです。ドッグフードを選ぶ時は、動物性たんぱく質が多いものを選びましょう。

参照サイト|https://canagandogfood.co.jp/
肉の配合が高く穀物も使用していないプレミアムドッグフードです。